認知特性プロセッサー「XR」が目指したもの

人の脳のように、
膨大な量の映像信号を
横断的に分析

目や耳から入ってくる膨大な量の信号を、脳が横断的に処理をすることで、人は物事を認識しており、この能力を「認知特性」と呼びます。従来のテレビのAI技術では、色やコントラストといったような映像信号をそれぞれ個別に処理していましたが、認知特性プロセッサー「XR」は、人の脳のように、膨大な量の映像信号を横断的に分析が可能なので、人が目で感じるような自然な美しさで映像を描くことが可能になりました。

画と音の没入体験を、
新たなステージへ

認知特性プロセッサー「XR」は映像だけでなく音の信号処理も可能に。複数の画質要素を横断的に分析・処理することによる、人が現実世界で見ているかのような自然な美しさと、サラウンドと定位感が向上した音の臨場感によって、究極の没入体験を実現します。

BRAVIA XRの高画質・高音質機能

ポイント➀ 人が目で感じる自然な美しさ

映像信号を横断的に分析することで、
自然な美しさに

テレビの映像分析には色や精細感、コントラストなどさまざまな要素がありますが、認知特性プロセッサー「XR」は、それぞれを個別に処理するのではなく、横断的に分析することで、人工的な印象の無い、より自然な映像で映し出すことができます。

映像の中の注視点を見つけ出す

普段、人が物事を見る際に、視界すべてにピントが合っているわけではありません。認知特性プロセッサー「XR」は、独自のアルゴリズムで人が注視する場所を見つけ出すことで、自然にその注視点を際立たせることができます。

ポイント➁ あらゆる音源を臨場感あるサウンドに

被写体に合わせて
音の出る位置を変更

一般的なテレビでは、画面下部にスピーカーが搭載されています。画面サイズが大きくなればなるほど映像の中心点は上がっていくため、映像と音の出る位置が離れてしまいます。この課題を解決するために、BRAVIA XRは、プロセッサー「XR」による音の処理と、スピーカーの構成を最適化することでまるで映像から音が出ているかのようなリアルなサウンドを作り出します。

あらゆる音源を
3次元の立体音響に

人は音を聞くときに音の来る方向から、空間を認識します。より自然な映像体験を実現するために、認知特性プロセッサー「XR」は水平方向だけなく、垂直方向にも立体的に音を作り出します。どのような音源であっても、5.1.2chの立体音響に変換できるので、まるでその場にいるかのような臨場感で映像を楽しむことができます。

テレビが届いたその日からおうち映画館

ソニー・ピクチャーズと連携して誕生したBRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIA CORE(ブラビア コア)」で、ソニー・ピクチャーズの最新映画から過去の名作まで映画館さながらの臨場感と映像美でお楽しみいただけます。

お得なキャンペーン実施中

プロセッサーXR搭載のおすすめモデル

<2021年発売モデル>
A90Jシリーズ
4K有機ELテレビ

A90J

シリーズ
  • 83V型
  • 65V型
  • 55V型

商品情報 

A80Jシリーズ
4K有機ELテレビ

A80J

シリーズ
  • 77V型
  • 65V型
  • 55V型

商品情報 

X95Jシリーズ
4K液晶テレビ

X95J

シリーズ
  • 85V型
  • 75V型
  • 65V型

商品情報 

X90Jシリーズ
4K液晶テレビ

X90J

シリーズ
  • 75V型
  • 65V型
  • 55V型
  • 50V型

商品情報